脳内のとなりにトトロ

/, 日誌/脳内のとなりにトトロ

先日初めて、おなじみ「となりのトトロ」を子どもと観た。そして、それ以来、彼女にはメイちゃんが度々憑依している。

草壁一家が引っ越してきた最初の日に、メイちゃんがまっくろくろすけを手で挟んで「とったとったー」と走り回るシーンがお気に入りで、登場率が高い。

トトロのメイちゃんのモノマネ

次に多いのは、雨降る学校帰りにカンタがサツキに「ん、んっ。」と傘を貸すシーン。これは何か物を渡す時にぶっきら棒な声と表情で「ん、ん・・・」と押し付けて再現します。

なぜ、このシーンでカンタがぶっきら棒にやっているのかは、今の彼女にはわからないでしょうが!?

子どもの頃観た時、トトロはそれほど私の心に響かなかったようなきがするけど、年を重ねて自分の子どもと観ると、見所がたくさん出てきて、感情移入するなと思いました。

ちなみに作品タイトルは「となりのトトロ」ではなく、「あるこう」で覚えています。「あるこう、みよう!」って言ってきます。歌の力ってすごいですね。

By | 2017-09-11T23:16:59+00:00 2016/10/02 AM 3:58|こどもとくらし, 日誌|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.