作品紹介

/作品紹介
10 01, 2021

なりきり工作「こたつになろう」

By |2021-01-09T08:58:25+09:002021/01/10 AM 9:30|Works, 作品紹介|0 Comments

家の中にありそうなもので作る、なりきり工作シリーズ「こたつになろう」が、1月10日(日)付の日本海新聞「みみちゃんプレス」で掲載されています。 ランドセルのように肩ベルトを通して背負えば、立ち所にこたつになれます。 これはお好みですが、背中の机の上に折り紙で作ったみかんを載せておくと、よりこたつっぽいと思います。そして四つん這いになり、背中のみかんを落とさないようにどこまで行けるかやってみれば、きっと体はポカポカ。

9 01, 2021

新春おもいで そらシネマ Art exhibitionに参加!

By |2021-01-10T15:07:21+09:002021/01/09 AM 8:27|作品展, 作品紹介|0 Comments

展覧会「新春おもいで そらシネマ」 2021年1月5日(火)〜11日(月)まで ギャラリーそら(鳥取市栄町658-3 駅前サンロード)  想い出に残っている映画をテーマに30名がA3サイズ程度の大きさの中で、それぞれ表現するという作品展に参加させていただきました。  私が選んだのは、「日本誕生」(1959年/東宝)。「古事記」「日本書紀」など題材に、東宝映画千本記念として制作され、日本武尊を主人公としたものと天照大神や須佐之男命が登場する神話のシーンが切り替わりながらストーリーが展開していきます。私の中で古事記ブームが訪れた時に鑑賞した作品です。  「古事記」(池澤夏樹訳/河出書房新書)を読んだ時の日本武尊のイメージは、有無を言わさず相手を潰す「なんだか怖!」という印象だったが、映画では天皇であるお父さんからの愛が欲しくて涙するナイーブな面が描かれていました。  また、音楽担当で映画「ゴジラ」のテーマ音楽の作曲者と知られる伊福部昭さんは、おじいさんの代までは「宇倍神社」の神官を一子相伝で一千年以上務めていたということを知り、鳥取との繋がりも感じる作品でした。

7 09, 2020

連載「TOTTORIおもしろ発見手帖」:鳥取県園芸試験場

By |2020-09-07T10:42:08+09:002020/09/07 AM 10:42|Works, 一日一絵, 作品紹介|0 Comments

鳥取県総合情報誌とっとりNOW vol.127(2020.9.1発行)(https://www.kouhouren.jp)にて連載「TOTTORIおもしろ発見手帖」の第2回目「鳥取県園芸試験場(https://www.pref.tottori.lg.jp/engei/)」が掲載されています。ぜひ、ご覧になってみてください。 「輝太郎」「新甘泉」「ねばりっ娘」・・・ユニークな名前の野菜や果物は、いつの間にか店頭に並んでいますよね。高品質で収益性の高い、生産者にも消費者にも喜ばれる新品種の開発はとても長い時間をかけて研究された結果、生まれているものでした。 今、ナシも美味しい季節です。鳥取県園芸試験場では新品種のナシもたくさん登場しています。時期ごとに違うナシがあり、長い期間楽しめますね。

2 08, 2020

なりきり工作「花火になろう」

By |2020-08-01T17:11:04+09:002020/08/02 AM 10:00|Works, 一日一絵, 作品紹介|0 Comments

家の中にありそうなもので作る、なりきり工作シリーズ「花火になろう」が、8月2日(日)付の日本海新聞「みみちゃんプレス」で掲載されています。 空気砲の仕組みを使ってダンボールで打ち上げ装置を作り、「ドンっと」側面を叩くと花火の紙ふぶきが飛び出すというものです。両腕にはきしめんのように細く切った新聞紙をひらひらさせ、よりダイナミックに。打ち上げながら、サンバのリズムでバサバサ踊りましょう。

1 06, 2020

とっとりNOWにて連載はじまりました。

By |2020-05-30T08:42:55+09:002020/06/01 AM 10:00|Works, 一日一絵, 作品紹介|0 Comments

鳥取県総合情報誌とっとりNOW vol.126(2020.6.1発行)(https://www.kouhouren.jp)から連載がはじまりました! 「TOTTORIおもしろ発見手帖」というタイトルで鳥取県の様々な試験場を探検し、そこで研究されていることを文とイラストで報告するというものです。 第1回目は「鳥取県栽培漁業センター(https://www.pref.tottori.lg.jp/saibaicenter/)」! 私たちの食卓にのぼる魚は、海の力だけでは賄いきれない。いかに水産資源を継続させ、漁師の経営も安定させるか。売れる魚種を探したり、育てたり、海を守ったり。こういった研究活動に支えられ、美味しい魚がいつも安心して食べられている。 ぜひご覧になってみてください。