Works

/Works
25 01, 2018

「進化教育学入門-動物行動学から見た学習-」のイラストを担当しました。

By | 2018-01-25T07:07:22+00:00 2018/01/25 AM 7:07|Works, イラストルポ, 一日一絵, 日誌|0 Comments

小林朋道先生の新刊「進化教育学入門-動物行動学から見た学習-」(春秋社より発行)が発売になりました!そして、イラストを描かせていただきました!早速拝読し、印象に残った内容の一部を感想レポートします。 それぞれの生物の生活環境で生存・繁殖がよりうまくいくように、学習しやすい脳のクセを持っているそうです。ヒトは旧石器時代とは見た目変わった環境で生活していますが、体の中の遺伝子は、ホモサピエンス史約20万年中の9割以上親しんできた「自然の中での狩猟採集生活」「家族を単位とした集団の構成」がベースに脳が形成され、その生活環境の中で生存・繁殖に有利なことが脳に染み込んでいるようです。その脳の構造、クセを利用して、科学的知見を理解する方法など、ヒト以外の動物も登場させながら、記されていました。 ホモサピエンスの行動や思考パターンという無意識下にあったことを頭に入れて生活すれば、「なんでできないんだろっ!」と思うことを見つめ直し、視点を変えるきっかけになるなど、より生きていきやすくなるのではないかと考えながら本書を読みました。

28 12, 2017

イラストルポ「棟札に見る戦国武将の寺社造営」

By | 2017-12-28T21:52:08+00:00 2017/12/28 PM 9:47|Works, イラストルポ, 一日一絵, 作品紹介, 日誌|0 Comments

蔵を開けたらボロボロの紙に墨文字が・・・こ、これは貴重な史料に違いない!公文書館に持って行ってみよう!とはなかなか思いつかないものである。 さる12月3日に鳥取県立博物館で開かれた講演「古記録で読み解く古代中世の鳥取」の中で、岡村吉彦鳥取県公文書館県史編さん室長による「棟札に見る戦国武将の寺社造営-尼子氏の大山寺造営を中心に-」を聴講しました。これは2017年3月に刊行された「新鳥取史 資料編 古代中世2 古記録編」の刊行を記念してのイベントでした。 建物の棟上げのときに建築に関わる内容を書いた板、「棟札」で、古文書だけではわからなかった情報を新たに得ることができたそうです。私はこれを「むなふだ」と読むということさえ知らないほどでありましたが、その墨の滲んだ木片から、当時の人々の営みや寺社の歴史を示す手がかりがわかるというお話を聴き、郷土の歴史を後に継ぐことや、そのための史料を遺すことの重要性に想いを馳せる内容でした。

5 11, 2017

「てぬぐいひらひら」に参加しました。

By | 2017-11-05T21:46:21+00:00 2017/11/05 PM 9:41|Works, 作品展, 作品紹介, 日誌|0 Comments

「境港手拭」誕生記念。11月3日〜5日、伯州綿と秋を楽しむ3日間として、131種の手ぬぐいが空を舞うイベント「てぬぐいひらひら」が、境港市にある「海と暮らしの史料館」にて開かれました。私も4種類参加させていただきました。 奥から「スズメオコメテヌグイ」「うんmy!とっとりてぬぐい(鳥取カレー色)」「うんmy!とっとりてぬぐい(二十世紀梨色)」「フクヨコイコイテヌグイ」です。 秋晴れの空に舞う色とりどりの手ぬぐいは、沖縄から青森まで全国から集う。 手ぬぐいの木漏れ日の中、綿のお布団に寝転べる場所もあったり。 ふわふわの中に種がある感触。

20 10, 2017

この木 なんの木?!きりえプリントワークショップ

By | 2017-11-08T12:26:11+00:00 2017/10/20 PM 12:20|Works, 作品紹介, 日誌|0 Comments

「この木 なんの木?!きりえプリントバッグ作り」のワークショップを開きます。 キャンバス地のトートバッグに、あらかじめ「はだかの木」がプリントされています。アイロンでプリントできるカラフルなシートを切り絵して、その木を自由に飾ります。鳥を留まらせたり、いろいろな形の葉っぱをつけたりしてオリジナルバッグに仕上げるというものです。 【この木 なんの木?!きりえプリントバッグ作り】 日時:2017年10月21日(土)9:45〜12:30 (材料がなくなり次第終わります) 場所:中ノ郷地区公民館1階ロビー(鳥取市覚寺118番地) 当日、中ノ郷まつりが開かれています。いろいろなワークショップや展示、食べ物がたくさん。 ・・・・無事に終わりました。ご参加いただいた皆様ありがとうございます。素敵なカラフルな木がたくさん生まれていきました。

12 10, 2017

宇宙パラソルを作ろう!ワークショップ

By | 2017-11-08T12:25:32+00:00 2017/10/12 PM 3:28|Works, 作品紹介, 日誌|0 Comments

「晴れてる日にも開きたくなる!宇宙パラソルを作ろう!」ワークショップを開きます。 無色透明なビニール傘に、赤・青・黄の透明シートを貼り付けたり、マジックでイラストを描いたりして、オリジナルパラソルを作ります。 よく晴れている日に開くと、3色の透明シートの形やマジックで描いたラインが地面に写し出され、下を向いて歩くのもまた、楽しくなる傘です。また、透明シートは3色ですが、重ね合わせれば、新たな色にも出会えるはずです。 ぜひ遊びに来てください。 【宇宙パラソルを作ろう】 日時:2017年10月15日(日)10:00〜15:00 (材料がなくなり次第終わります) 場所:賀露地区公民館2階中会議室 当日、公民館祭が開かれています。いろいろなワークショップや展示、食べ物がたくさん。詳しくはこちら