ブログ

ホーム/ブログ/
31 05, 2024

月岡雪渓「百鬼夜行図」を観察

By |2024-05-31T12:10:56+09:002024/05/31 PM 12:04|一日一絵|0 コメント

練り歩く百鬼たちの表情から想像膨らむ〜月岡雪渓が描いた絵巻「百鬼夜行図」を渡辺美術館で観察! 道具と生き物が合体したような姿の百鬼たち。 何の道具が変化しているのかを考えるのも楽しいけど、何とも・・・何の道具かが分からない私。 特に、赤い臓器のような形からネズミの尻尾が出てきている方が気になります。

24 04, 2024

新作グッズ「とっとりおてがみセット」

By |2024-04-24T12:54:45+09:002024/04/24 PM 12:18|Works|0 コメント

鳥取の宇宙・食べもの・自然をテーマにした便箋! スタジオづるりの新作グッズ「とっとりおてがみセット」を制作しました。 鳥取のおみやげにぜひご活用ください! ======== 置かせていただいているお店 ・鳥の劇場(2024.4/27~5/12セレクトショップ内) ・gallery shop SORA 「とっとりおてがみセット」990円(税込) 便箋(A5サイズ):12枚(宇宙・食べもの・自然の3種を4枚ずつ) 封筒(便箋が二つ折りで入るサイズ):4枚 シール:5枚 [...]

16 04, 2024

カラスノエンドウとスズメノエンドウの違い

By |2024-04-16T09:56:56+09:002024/04/16 AM 9:50|作品紹介|0 コメント

「清末先生と行く 春の野草を探そう」が、鳥取砂丘こどもの国で開かれ、自然分野の調査研究をされている清末忠人先生を講師に、園内に生える野草を観察したり、「これは何という名の植物ですか」などと質問したりしました。 「カラスノエンドウとスズメノエンドウを天ぷらにしたら美味しい」というありがたいお話も聴けました。 また、自分の好きな葉っぱを粘着付きのスチレンボードに貼り付け、周りに色砂をかけ、葉っぱを剥がしたのち、違う色の砂をかけて、葉っぱの砂絵を作るワークショップも新鮮でした。

10 04, 2024

TOTTORIおもしろ発見手帖「流しびなとひな人形」

By |2024-04-10T14:24:48+09:002024/04/10 PM 2:23|Works|0 コメント

鳥取県総合情報誌とっとりNOW vol.141(2024.3.1発行)にて連載「TOTTORIおもしろ発見手帖」の第14回目「流しびなとひな人形」が掲載されています。ぜひ、ご覧になってみてください。こちらからPDFで閲覧できます→とっとりNOWvol.141 ひな人形は平安時代に厄払いの呪具として生まれ、形代として無病息災を託し、川や海に流すものだったそうです。 ひな人形の歴史が貴重な資料とともに学ぶことができる施設「もちがせ流しびなの館」では、旧暦の3月3日(2024年は4月11日)に、桟俵に和紙で作られた雛をのせ、季節の花を添えて、千代川に流す、流しびな行事が行われます。 館内に展示の、おひなさまのルーツの天児(あまがつ)と這子(ほうこ)も必見です。

Go to Top