自己紹介

//自己紹介

雲坂 紘巳
Kumosaka hiromi
鳥取県鳥取市在住
2005年
大学で広く地球環境を学んだ後、地元の新聞社で勤務。
事業課というイベント企画の部署で美術展、祭り、スポーツ、
フォーラムなどの 運営に携わる。
その中で、こどもと向き合い読み聞かせボランティアをされている人や
活性化のためまちづくりに取り組む人、音楽に打ち込む人・・・
それぞれの信念をもって活動されている方々を目の当たりにし、
自分の中の「表現したい」「ずっと好きだった絵をもっと描きたい」という
気持ちが溢れる。
2008年
退職後、イラストレーターとして活動を始める。
■WORK
新聞、書籍、チラシ、ウェブなどのイラストを制作
法廷スケッチ ほか
■EXHIBITION
2008 ・第3回美術作品入札オークション展
      (ギャラリーあんどう/鳥取)
     ・Design Festa Vol.28(東京ビッグサイト/東京)
2009 ・しあわせ展(ミレージャギャラリー/東京)
     ・第4回美術作品入札オークション展
      (ギャラリーあんどう/鳥取)
     ・交差展(ギャラリーそら/鳥取)
2010 ・ナナイロノハネ展(ギャラリーそら/鳥取)
     ・伝えたい気持ち展(ミレージャギャラリー/東京)
     ・ART×HOME6人展(ハウジングパークみらい/鳥取)
     ・ハイカラワンダーランド(3人展/鳥取市文化センター)
2011 ・和紙との戯れ(ふれあい会館ロビー/2/19-3/4)
     ・作品展(boutique mitukane様ショーウインドー/
      3/14-4/10)
     ・作品展(鳥取画材様/4/20-5/31)
2012 ・中垣直久×雲坂紘巳 2人展「マワリトマワル」
      (五臓圓ギャラリー・鳥取市/1/21-29)
     ・たけはら国際芸術祭(竹原市・広島県/4/7-22)
     ・個展 コレマデトコレカラ
      (ギャラリーそら・鳥取市/10/23-28)
■STYLE
因州和紙にアクリル絵の具で描いています。
手漉きの和紙は表面が凸凹していて、ひとつひとつに表情があり、
同じものが無いというところが魅力的です。描くときは和紙と
対話しながら、下書きはせず、生きの良いうちに塗り始めます。

By |2013-07-13T07:17:57+00:002008/04/28 PM 11:54|過去の日記|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください