「劇作家松井周さんと台本を3日で書いて、ちょっと演じてみよう」がとても楽しかった。

/, 日誌/「劇作家松井周さんと台本を3日で書いて、ちょっと演じてみよう」がとても楽しかった。

鳥の劇場 鳥の演劇祭9のプログラムワークショップ「劇作家松井周さんと台本を3日で書いて、ちょっと演じてみよう」が終わってしまいました。

daihonws

気軽に参加して後悔した初日。

松井周さんの包容されるような、その人を活かし、待ち、焦りを見せない温かな指導。そこから少しずつ縫い合わされる物語。

そして最終日、4つの台本が時間ギリギリ仕上がる(プルプルプルこわいっ)。どの話も作者の人間性、背景が混じっているような感じ。

「これが欲しいです」というと一瞬で大道具、小道具、音響照明を準備するプロ。

初見の台詞をなぞった瞬間に、平面を立体に、しかも意志を持たせて実在させる役者さん。

自分の頭に湧いただけだったものが、みるみるうちに現実の世界で形創られていくさまに、感動しました。

とにかく、現実に戻れないくらい楽しい3日間でした。ありがとうございました。

By |2017-09-11T23:16:58+00:002016/11/27 PM 11:35|アートな出会い, 日誌|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください