もみじ

もみじまんじゅう
私が小学校の修学旅行で買って帰った
当時のもみじまんじゅうは味も6種類くらいだったな。
確か、こしあん、つぶあん、まっちゃあん、カスタード、チョコ、白あん
くらいだったのに、今では伊予柑、ちーずクリームなど
変わった味が続々と登場しているみたいですね。
そんな中、おみやげで
「生もみじ」
というものをいただきました。
生のもみじ、一体どかが生なのか。
生地が生なのか、中身が生なのか。
namamomiji.jpg
なんと、もみじ饅頭一つ、一つにプラスチックの受け皿がついている
という高級感。シカの刻印がなされています。
お上品。
食べると、もちもちとした食感。
うまい。
こしあんタイプとつぶあんタイプの2種類が入っていました。
しかし、食べてもどこが「生」なのかは
私には分かりませんでした。
外見はこりゃ、色からして焼いてありますよね。
中は、餡だから茹でてありますよね。
ん?!
生菓子ってそういうことじゃなく、
餡自体は生の分類でしたっけ?

By |2013-07-13T07:27:52+00:002009/04/12 PM 11:52|過去の日記|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください