瀬戸内国際芸術祭2010の旅

//瀬戸内国際芸術祭2010の旅

瀬戸内国際芸術祭2010に行きました。
1泊2日で。
いつもそうですが、
旅の準備をするのが苦手で、
どこに行きたいとかあまり調べず、
とにかく、
公式ガイドブックを片手に練り歩きました。
でも、島がいっぱいあるので、その中から
「直島」と「豊島」に行くということだけは
決めて行きました。
↓2日間でめぐったところをマップにしてみました。
tabimap1-setouchikokusaigeijyutusai-2010.jpg
宇野港がスタート
直島へ渡り、
naoshima-akakabocha.jpg
有名なあの赤かぼちゃ。
直島に来たという気がしました。ほぼこの時点で満足しました。
naoshima-nekocafenyaoshima.jpg
着いて少し歩いて、昼ご飯をたべることに。
「猫カフェにゃおしま」
まぁ~猫だらけ。民家でごはんを食べてる感じのお店で、
食堂の横に猫と遊べる猫ルームが。
猫好きが猫の愛らしさに悲鳴をあげながら、飯を食うと言った感じ。
私は、その辺を歩いている猫が好きなので、普通にうどん定食を
いただきました。
naoshima-haisha.jpg
どこへ行っても並んでました。
ディズニーランドのよう。
ここは、元歯科医院を作品にした建物。家プロジェクト。
外観を見ただけでここは失礼しました。
naoshima-benesse.jpg
ベネッセハウスミュージアム
とっても天気が良くって、太陽燦々で、火照った体を
この丸い、すべすべした石の彫刻のようなものに
預けると、ひんやりとして気持ち良かった。
みんなが仰向けに寝てみてるから。
私も寝てみた。四角く切り取られた青い空がまぶしい。
noshima-feri.jpg
直島を後にして、宿泊する高松へ。
この旅でフェリーに何回か乗ったけど、
この夕焼けが美しすぎて身にしみた。
この世に美しいものが一体どれだけあるっていうんだ・・・と感動した。
三角形の山と太陽。
高松ではうどんを2軒はしご食い。
あれ、昼もうどん食ってたし。
翌日、小豆島経由で豊島(てしま)へ渡った。
teshima-shinzoon.jpg
最初に訪れたのは
クリスチャン・ボルタンスキーの心臓音のアーカイブ。
並んでました・・・。
「ここまで45分待ちでーす」と白衣をきた美しい女性に言われた。
でも、ここは踏ん張った。
世界中で集めた心臓音で作った作品。
生きている鼓動を使った作品を感じてみたかったから。
雨傘を日傘にしながら・・・順番が回ってきた。
中に入ると、真っ暗闇の中、
「バッコン、バッコン」
結構大きな音。肋骨に響き渡る。爆音。
と思ったら、
「トントトン」
と控えめな方も。
中央にある電灯が音に合わせて点灯する。
真っ暗で前が見えない。どこへ行ったらいいの。
このトンネルはどこまで続いているの?と不安を感じたら。
すぐ壁にぶち当たった。
昼ご飯は
「島おとめ」
というおばあちゃんたちが切り盛りする食堂で
そうめんを食べました。
あれ、私ってば昨日から麺ばっかりじゃない。
teshima-todakachiyoko.jpg
バスで山方面へいったら、
池に奇妙なものが風にあおられカパカパしていた。
戸高千世子さんの「豊島の気配」という作品。
鳥のようであり、花びらのようであり、見るものの想像力を
掻き立てると説明にあったが、私にはらっきょうの皮を
めくったものに見えた。
teshima-midorikabocha.jpg
直島で草間彌生さんの赤かぼちゃ、黄かぼちゃを見たけど、
緑かぼちゃに出会った。
これは、意図的だろー。だれが置いたんだ。
現代アートを見回っていると、
次第にその辺に落ちているすべてのものがアートに見えてきた。
このかぼちゃも「実に良い」。
teshima-tobiasu.jpg
かぼちゃのドットもかわいいけど。
これはやりすぎじゃない?目が回る~。
どこにイスがあるのか?出口はどこ?
ドビアス・レーベルガー
の空き家を改装したレストラン。
第一次大戦時の船に用いられた迷彩柄をモチーフとしている
とある。
teshima-nekonokobosen.jpg
フェリー乗り場へ行く途中。
猫の静かな攻防戦を目撃した。
互いに何を考えながら、相手を見つめているのか。
最後は宇野港でB級グルメ「たまの温玉めし」をいただき、
終了いたしました。
疲れたけど、満喫したなー。
この後、私は岡山駅からバスで帰ろうとした。
発車時刻10分前、
バス停が駅挟んで真反対に変わっていたことに
気づくのであった・・・。
ま、間に合ったけどね。

By |2017-09-11T23:17:43+00:002010/10/12 AM 8:59|過去の日記|2 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

2 Comments

  1. たちこま 2010年10月21日 at 9:44 PM - Reply

    こんにちは朝倉です。
    瀬戸内芸術祭行って来たんですか、
    うらやましす。
    私も猫と戯れたい(そっちか!)

  2. 渡部 2010年10月24日 at 7:05 AM - Reply

    朝倉さんどうも!
    芸術祭行ってきました。
    太平洋側はやっぱり太陽が燦々でして、
    頭皮が日に焼けました。

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください