「伝えたい気持ち展」作品紹介

//「伝えたい気持ち展」作品紹介

『おかえり』
okaeri.jpg
「おかえり」と言ってくれる、
人、モノ、場所があるってことは
とても安心する。
安心して明日に向かえる。
『結ーむすぶー』
musubu4.jpg
つながっているときがある。
つながっていたいときがある。
『ねこと熊手とぼく』
nekotokumadetoboku2
何やら木に向かって熊手を振り上げている
少年に出会った。
熊手を!
少年「ねこや~い、こっちだってば~」
ねこ「・・・(降りれなくなったんじゃ
なくって、好きで登ってるんだいっ。)」
『KONOYONIUMARETA』
konoyoniumareta2.jpg
一瞬一瞬を生きている。
こいつは、
人間の作った黒い路をよいしょ、
よいしょと歩いていた。
オタマジャクシからカエルに変態して
間もないこいつの瞳が澄んでいて、
一生懸命で、引き込まれます。
『Oh!サンショウウオくんの覚醒』
sanshouokun.jpg
特別天然記念物のオオサンショウウオ
もっと目を見開いて周りをよく見てないと
危ない世の中になったなぁ・・・
『ariga10』
2ariga10.jpg
定番のしゃれとなってしまいました。
「アリが10匹でアリガトウ」
「ありがとう」を一番言いたい人には
こっ恥ずかしくって、なかなか言えない。
「センキュー」と英語使ってみちゃったりとか、
いつも、お笑いおふざけに隠してしまう。
感謝。
『跳躍』
choyaku2_20100928011128.jpg
夕焼けを見ていると、
「今日も終わっちゃうな」と寂しい気持ちと
「今日も無事終えた」という安心感と
「明日はどうなるか」という若干の不安が
わいてきます。
とにかく今は、明日へ、明日へ・・・
それは、せかせかするのではなく、
わくわく感を持ち続ける感じ。
跳び、躍りたい。
『歯っピーな仲間たち』
happy.jpg
喜びも表現したいなと思った。
よろこび、よろこび・・・ハッピー・・・
最近、日本の伝統文様に興味がわいて、
色々文様を見ているなかで、
あそびごころにあふれた文様があった、
江戸時代、判じ絵といわれる
描かれた文字や絵からその意味を当てる
絵解き絵画が流行し、文様もその影響を受け、
草なんかを刈る鎌の絵と丸とひらがなの「ぬ」を
縦に並べた文様で、
「かまわぬ」と読ませたり・・・
というのを見ていて、そんな組み合わせ
ないかな~と思っていたら、
「歯」と「ピー」が脳内で踊り出てきて
しまったというわけです。
うれしい、たのしい、遊んでいる
歯っピーです。

By |2013-07-13T07:40:59+00:002010/09/29 PM 12:00|過去の日記|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください