東京遠征 本編 「しあわせ展」

//東京遠征 本編 「しあわせ展」

6/10~15まで東京都中央区銀座にある
ミレージャギャラリーさんで
グループ展「しあわせ展」
に参加させてもらいました。
本当に参加させてもらって良かったです。
毎日、毎日色々な人と出会うことができました。
その度、自分は何者なのか、
この絵はどのようなことを考えながら、どのように描いたのか、
そういったことを繰り返し説明していると、自分自身を見つめなおすこともできます。
何と言っても、同じような志をもったアーティストのみなさんと出会えたこと。
ギャラリーでこのような形で展示するのがはじめてだったことに加え、
いきなり離れた東京で開くことに、不安と緊張がありました。
すぐ道に迷うし・・・。他の作家さんはどんな人たちだろう・・・。
でも、着いたら、
ギャラリーのオーナーの大城ご夫妻が暖かく迎えてくださり、
「すごく良い人」「安心感」「思いやり」というのが
全身からにじみ出ているような方たちで、
まぶしかったし、落ち着きました。
kanban.jpg
entoransu.jpg
ホテルモントレの隣のビルの4階に上がると、木製のかわいらしい
看板が出迎えてくれる。
初日に作品展示や自己紹介ブースを作りました。
gyararinai.jpg
このような感じで、8人の作家が壁1面ずつ展示しました。
gyararinai2.jpg
私はこんな感じに飾りました。
ちょっと枚数を欲張り過ぎて、ギチギチです。
gyararinai3.jpg
因州和紙に描いた絵ばかりを持っていったこともあり、
机に和紙をかけてみましたが、ちょっと地味だったかな。
この茶色い和紙は骨董品を包む用の和紙らしく、
友達が骨董品屋さんからもらったものをもらったものです。
しあわせをテーマにした展示だったからか、
他の7人の作家さんたちは、やさしい雰囲気に加えて、
面白い人たちばかりでした。
harue.jpg
春ゑさんのブース。水彩絵具を使って丁寧に、
つぶらな瞳が印象的で乙女な絵が描いてありました。
カエル好きということで、机の上にはカエルやオタマジャクシの造形物も多数。
春ゑさんのブログはコチラ
hirokihiroko.jpg
ひろきひろこさんのブース。墨絵文字という、墨と筆でくずしたような文字が書かれていて、
画面で感情表現しているような感じ。「幸」「HAPPY」などの言葉の意味を、文字自身が
表していました。ネコ好き。
ひろきさんのホームページはコチラ
tanakamako.jpg
田中まこさんのブース。
一見パステルで着彩かと思いましたが、色鉛筆を油で溶かして
ティッシュなどで擦ってやわらかい色調に整えてるそうです。
雑貨屋を開業する時は教えてください。
田中さんのホームページはコチラ
kobayashirumiko.jpg
コバヤシルミコさんのブース。
DMで絵をみたとき、CGかと思っていました。
雑誌等を切り抜いて、下書きなしで貼り付けているそうです。
頬肉もしっかり貼ってあって、表情豊か。
kuriharayukiko.jpg
栗原由紀子さんのブース。
今回はペンと水彩で旅の記録イラストでした。
日本美術院の研究会員で、見せてもらった木の幹の絵はとても厳か。
栗原さんのブログはコチラ
takahashimariko.jpg
高橋真理子さんのブース。
アクリルを使った、かわいい中にも落ち着いた雰囲気の絵。
カラーセラピストもされてらっしゃって、カラーボールでの診断を
私もやってもらいました。癒しの魔力をもっておられます。
高橋さんのホームページ
sekiokamegumi.jpg
関岡恵美さんのブース。
日常の瞬間を切り取った絵。おじさんの絵がすごい!
とにかくおっちゃんが本当に最高です。
関岡さんのホームページ
本当に面白い、素敵な人たちに出会えてよかったです。
それぞれの人がそれぞれの人生をつくって歩いている(走っている人も)
というのが聞けたりして、すごく自分もやる気が沸きました。
参加してよかったです。

By |2017-09-11T23:17:44+00:002009/06/19 AM 7:48|過去の日記|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください