和紙に油絵

//和紙に油絵

コミュニティープラザ百花堂で
森絵画研究所の森先生の個展が開かれていました。
なんと和紙に油絵の具で描かれてました。
和紙が油染みだらけになるのでは?
と勝手に想像しながら観にいったら、
全然そんなことはなく、
水墨画、水彩画に似た表情をしていました。
油がジンワリと滲んで、とても柔らかい。
岩美の海岸の絵は2枚1組で描かれていましたが
何とも水墨画のようで、
アクセントのブルーがさわやか。
大胆に、和紙の地をそのまま生かした余白は
まさに、
「美」
でした。
32点ありましたが、ひと月で描かれたそうです。
すごい。
お話を少しさせてもらいました。
その中で、
描いたら、発表し、
発表した絵はそこで自分の中から捨てる、
そして、また新たな作品に打ち込むことが大切
ということを聞きました。
その言葉は、今の私にすごく響いてきました。

By |2013-07-13T07:34:05+00:002009/08/25 PM 7:31|過去の日記|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください