English…

英会話…本当に使いそうな言葉だけでも
頭に入れときたかったなー
と、これまで生きてきて何回思ったことでしょう。
美術展の売店に、初の英語圏のお客さんがいらっしゃいました。
一緒にいたSさんに
「英語で話せよ」
と言われ、脳内にある英語的な単語の引き出しを開けて
みましたが、鍵がかかってて開かない状態。
(開けても入ってないけど)
しかし、そうは言っても、どうせ日本語話せるだろうと
思っていました。
結構、じっくりと商品を選んでおられたメアリー(仮名)さんが
何と商品についてQuestionしてこられました。
Englishで。
雰囲気と日本の英語教育のおかげで
その質問の聞き取りだけはできましたが、
それをいい感じに応える言葉が
なんと言えば良いのかわからず
yesとnothingとO.K.というマークシートみたいな回答を
していました。
商品が決まり、さぁお会計ですねというときに
メアリーさんがさらに質問をしてこられた!
なんだろ
おっしゃってる単語がどれもわかんないんだけど。
わたわたわたわた・・・
メアリーさんもOh…といった感じで、
この日本人たちにどうしたら伝わるのか
果たしてメアリーさんがとった行動とは…
財布からカードを出してみせた!
あ~、クレジットカード使えますか?
と聞きたかったんだー。
no!(使えないよ)
お会計終了後、メアリーさんは
「アリガトウ」
と日本語で話して帰っていかれました。
noよりもsorryの方が良かったな
などとSさんと話しながら
最低限の会話くらいできるようにしとこうと
思ったのでした。
(まだ、思っただけ)

By |2013-07-13T07:17:17+00:002008/04/24 PM 11:10|過去の日記|0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください