啓蟄・次候:桃始めて笑う

/, /啓蟄・次候:桃始めて笑う

啓蟄(けいちつ)・次候:桃始めて笑う(ももはじめてわらう)

昔は花が咲くことを「笑う」と言っていたそうです。

古事記の中にも、岩屋戸にお籠りになった天照大御神を引っ張り出す作戦のくだりで、「八百万の神共に咲(わら)ひき」と、神々が大笑いしている様子に「咲」という字で「わらう」と読ませる文が出てきます。

花が咲く様子を「わらう」とは、なんとも素敵な表現。

By |2019-03-11T06:56:49+09:002019/03/11 AM 6:56|一日一絵, |0 Comments

About the Author:

雲坂 紘巳

Leave A Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください